忍者ブログ

賭け麻雀合法化なるか?

↓引用元に飛びます
ニコニコニュース 「賭け麻雀」は一般的? 弁護士が"合法化"熱弁


 近代麻雀スペシャル番組「弁護士が語る!賭け麻雀は合法化できるか?」が、2011年1月22日、ニコニコ動画で生放送された。番組では、著書「賭けマージャンはいくらから捕まるのか?―賭博罪から見えてくる法の考え方と問題点」を発行するなど麻雀と賭博・法律に詳しい現役弁護士・津田岳宏氏が講師として登場。日常的には行われておきながら違法である「賭け麻雀」について、麻雀ライターの福地誠氏(と元プロ雀士の高橋真理さんが聞き手となって語り合った。

 番組では、津田弁護士が「実際に雀荘(=麻雀店)などで行われている点5(=1,000点50円)や点ピン(=1,000点100円)といったレートで、金銭を賭けて麻雀をした場合、逮捕される可能性がある」と判例を参考に説明。現在の国内の法律には、賭け麻雀などの"賭博"を取り締まる法律として刑法185条、186条があるが、津田弁護士は、「(賭け麻雀が一般化しているのにも関わらず逮捕される例が少ないように)麻雀に関する法律は非常にグレーで、あいまいで、こんなことは許されるべきではない」「ギャンブル一般を合法化として、犯罪的な集団が出現すれば、それは別の法律で取り締まればよい」と持ち前の明るい関西弁で主張した。


★★★★★★引用ここまで★★★★★★

いや、もう麻雀なんてパチンコ屋スロットなんかに比べれて何倍も健全ですよ。動くお金は少ないし、ちんたらしてて射幸心をあおる要素も少ない。何故合法化されないかと言えば、これはもう政治家のみなさんに見返りがないからですね。パチンコなんかは民★党あたりに献金したり援助したりしてますが、麻雀業界そんな大きな組織じゃないですから、政治家からすれば手出すには割に合わない仕事なんですね。

現在、賭け麻雀って合法でも違法でもないグレーゾーンです。ただし深夜営業は違法です。深夜営業している店はいっぱいあって、これはそうしないと経営が成り立たないからだったりします。24時間遊べる、というのが雀荘の大きな魅力であって、コンビニとか牛丼チェーンなどが高級なり個人なりの飲食店に差をつけているのと同じように、雀荘も24時間営業することで他の博打に差をつけているのです。

対人戦である、というのが合法かにあたってめんどくさい要素であるかもしれません。パチンコは機械相手なんで、負けて恨まれるのは店ですが、対人戦だと負けて恨まれるのは勝ち客、ってこともあるかもしれません。客同士で殴り合いを始められても困ります。

しかし、博打で負けて人を殴るような奴はそもそも博打を打つべきではありません。社会不適合者と言ってもいいでしょう。自分より出世した同期をぶん殴っているのと変わらない。

実際はパチンコだって、負けているのは勝っている奴がいるからなのですが、そこを巧妙に錯覚させて、機械のせいだったり、店のせいだったりと思わせることで、負ける人をなだめ、今度こそはとリピートさせるのです。このへんの巧妙さでパチンコは顧客をつかみ、産業として発展していきました。悪党ほど大腕ふってのさばるのが現代です。

もっとも店は勝ち頭なのですから、店を恨むのは正しいです。恨む相手は正しいですが、博打で胴にならずに勝とうと考えるのは誤りかな、と思います。


なんにせよ、僕は麻雀ファンですから、麻雀業界の発展を願っています。

人気ブログランキングへ

PR

人気ブログランキングへ

2011/01/27 カモネギニュース Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
リンク
 
2ch
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/01)
(10/27)
(07/06)
(08/06)
(05/11)
 
 
オンラインゲーム
 
 
 
ロリポップ:Ranking
 

人気ブログランキングへ 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
最新コメント
 
[10/09 通りすがり]
 
 
最新トラックバック
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
プロフィール
 
HN:
カモネギ
性別:
非公開
自己紹介:
かもねぎです。おいしい話に飛びつきます。
 
 
アクセス解析
 
 
 

TOPへ